勉強

土地家屋調査士や衛生管理者を目指すなら~試験合格資格NAVI~

事業所に必ず必要な管理者

業種により異なる受験科目

不動産

衛生管理者は国家資格です。衛生管理者の資格には第一種と第二種にわかれていて、全業種に有効なのは第一種なのです。衛生管理者の資格をとるためには国家試験に合格しなくてはならないのです。試験科目は業種によって異なっているので注意が必要です。第一種は5科目で全部の出題数は44問、第二種は3科目で出題数は30問です。合格最低ラインは全体で60パーセントの得点が必要です。ただし1科目でも40パーセントの得点に達してない場合、全体で60パーセントの得点があっても不合格になります。ですから衛生管理者の試験はまんべんなく勉強しておくことがポイントです。効率よく合格するためには、過去の主題傾向を分析して勉強する科目を取捨選択することが重要になります。

企業に重宝される有資格者

衛生管理者とは労働者の危険や健康を阻害する要因を防止する仕事です。または労働者の安全衛生にかかわる教育、労働災害の原因調査や再発防止など、労働環境全般にわたる仕事です。法律によって事業所やオフィスには必ず衛生管理者を置くことが義務づけられています。そして事業所やオフィスの規模が大きくなると、衛生管理者の数も増やさなければならないのです。例えば50人以上200人までなら1名以上必ず置く必要あります。つまり大きなオフィスほど、国家試験に合格した衛生管理者が必要になるのです。このように企業がある限り衛生管理者は必要とされるため、国家試験の合格を目指す若者も増えているのです。特に企業の管理部門では重宝される存在です。