勉強

土地家屋調査士や衛生管理者を目指すなら~試験合格資格NAVI~

有利な就職をする方法

合格するための注意点

女性

経済動向が不透明なため就職活動には不安があります。会社勤めをしていてもリストラの危機は誰にでもあります。このように不安定な社会で生き抜くために、国家資格の取得を目指す若者が増えています。国家資格の中でも人気なのが土地家屋調査士です。国家資格を取得するには試験に合格しなければなりませんが、年に1回なので受験日に注意する必要があります。土地家屋調査士の試験科目は筆記と口述があり、それぞれに試験日が設定されています。受験前に試験日を確認して、その日を目標に勉強することが大切です。受験地は日本全国に9カ所ありますから、最寄りの試験場で受けることになります。試験当日に遅刻しないようにあらかじめ交通手段を利用して時間を調べておくことも必要です。

土地関係の免許のメリット

土地家屋調査士というのは、不動産の取引の安全を確保するために不動産の状況を正確に登記記録する必要があり、それを実施する仕事です。国民の財産を守るという意味では、とても公共性の高い資格です。土地家屋調査士の資格はかつてはそれほど人気がなかったのです。人気になったのは、経済的な不況が長引いた結果、国家資格を目指す若者が増えたからです。特に知名度の低かった土地家屋調査士は競争率の点でも有利なので、人気が出たのです。最近では土地家屋調査士の仕事の重要性が広く知れ渡ったことが、人気に拍車をかけているのです。地味な仕事ですが、不動産の売買には重要な役目を果たすため、やりがいを感じる人が増えてきたのです。何といっても国家が認定する資格なので、今後も人気は上がり続けます。