勉強

土地家屋調査士や衛生管理者を目指すなら~試験合格資格NAVI~

事業所に必ず必要な管理者

不動産

衛生管理者は国家資格なので試験に合格する必要があります。第一種と第二種にわかれており、試験科目が違うので注意が必要です。衛生管理者は労働者の安全や健康にまつわる全てを管理する仕事で、従業員の数によって置く人数が決められています。

Read More

不動産登記の専門家

将来の目標として心理カウンセラーの仕事をするならコチラで受講できる場所を探しましょう。資格取得の勉強もできます。

理学療法士の学校であるこちらに通うことで、専門的な知識と技術を身につけることができます。だから将来の糧となるでしょう。

筆記と口述

不動産

土地家屋調査士試験は日本全国の主要都市で毎年一年に一回行われています。これは不動産の登記を行うに当たってそれに伴う知識や技能が必要になっていることから行われる国家試験となっています。これに合格して土地家屋調査士協会に登録することによってその業務を行うことができます。この試験は毎年8月に行われており合格者は毎年7%前後と狭き門となっています。試験は午前の部と午後の部があり午前の部は測量に関しての問題、午後の部については不動産の表示に関する登記に関する事項の問題が出されています。この日に行われた試験に合格した者が11月に行われる口述試験を受けることができます。午前の部の測量に関しての試験は測量士補の資格を有しているものは免除されることになっています。

一生の資格

日本には多くの測量に関しての専門学校が存在しています。これらの学校を卒業することにより測量士補の資格は取得できます。ですから土地家屋調査士の試験を受ける人は測量の専門学校生が多くいます。また実際に測量士補の資格を取ってから受験する人も少なくありません。測量士補の試験は5月から6月に行われこれに合格すればあとは土地家屋調査士の資格に専念できることと、午前の部の試験が免除されることから最初に測量士補の資格を取る人が多いようです。資格を取った後は独立もできますし官公庁の登記業務もおこなうことができます。また独立すれば定年もないので一生の仕事としてやっていく道も開けてきます。民間での不動産取得のための登記も多くあり将来が見込める仕事になっています。

医師事務作業補助の仕事を始めたいなら、こちらの教材を申し込んで勉強しませんか?現場で働く事を見据えた内容ですよ。

有利な就職をする方法

女性

国家資格には色々ありますが、最近注目されているのが土地家屋調査士です。これは不動産取引などの時に不動産の状況を明確に登記するのが仕事で、地味ながらも非常に重要な役目があります。かつては知名度が低かったのですが、最近は土地家屋調査士を目指す人が増えています。

Read More

法律系資格の勉強

女性

司法書士試験の仕事は不動産登記や債務整理など多岐に渡るために今後も人気の資格だと予想されます。人気が集まるために司法書士試験は今後も難易度が増すと予測します。また、司法書士試験を合格するためにはメインの試験科目である短答対策をしっかり行う事が大切です。

Read More